LARP

Live Action Role Playing (ライブアクションロールプレイ)

日本ではまだ馴染みの薄い言葉『LARP

 

TRPG プレイヤーに分かりやすく説明するなら

・服装はローブを着て、武器に魔導書を持って遊ぶ

・戦闘はサイコロを振るのではなくアクションで動き回る

・魔法を唱えるには実際に詠唱を行う

モンスターも人間が担当し、実際に武器を持って襲い掛かってくる

と聞くと、テーブルを飛び出した、本気のごっこ遊びがイメージできたでしょうか?

これをルールとして落とし込んだ遊びが LARP になります。

海外では大規模な LARP 大会が開かれるほど人気のある遊びです。

TRPGフェスティバルではそんなLARPを

いち早く実際に体験できる機会を用意します。

本格的な『探索型LARP』をはじめとして、

戦闘部分のみを抽出してスポーツ的に楽しむ『アクション型LARP』や

また、LARP武器は怪我をしないよう安全に作られた特別な物を使います。

そのLARP武器を自分で作ってみる『LARPワークショップ』などを現在企画中です。

 

※補足 体験型LARP普及団体CLOSS 様より LARP の詳細な説明をいただきましたので記載させていただきます。

「LARP」とは、Live Action Role Playingの頭文字をとったもので、つまりはリアルにRPGを行うということです。 ロールプレイングゲーム(RPG)という言葉は随分と身近になってきましたが、一般的にはテレビゲームの一つのジャンルと認識されています。ここで言うRPGとはそうではなく、企業研修などでも行われるロールプレイングにゲーム性を足したものです。そして「LARP」とは、そのRPGに五感を通して体験し(Live性)、シチュエーションに則り行動していく(Action性)を加味したものなのです。

このLARPは、海外から来たもので、いわゆる「本格的」なものです。自分自身がゲームプレイヤーとなり、冒険や探索、戦闘などを現実世界で実際に行う、体験型アナログゲームのことです。

では、一体具体的にどんな事をやるのか?

主に中世ファンタジー世界でゲームをする場合、そのテーマに沿って例を挙げてみますと……
衣装はテレビゲームや洋画に出てくるような中世の服に着替えます。
種族によって、エルフ耳をつけたり、ドワーフ髭をつけたりします。
火の玉を出して魔法を使うなら、ボールを投げつけます。
魔法を唱えるなら、きちんと詠唱しましょう。
暗記できないなら魔道書にメモです。
スポンジ製などの当たっても痛くない柔らかい武器で戦います。
鎧をちゃんと着ないと攻撃は素通しです。革の鎧がオススメ。
任務の後はちゃんと報酬ももらいます。金貨や銀貨を依頼主からいただきましょう。
盗賊が鍵を開けるなら、きちんと道具も使ってください。
このように、なりきるために全力になります。簡単に言えば、「大人が全力でやるごっこ遊び」なのです。

また、近年の日本のLARPは、その世界観を演出する為の小道具や仕掛けは本物志向の本格的なものから「見立て」演出を活用するものまで表現の幅が広いジャンルになっています。「見立て」だからといって侮ってはいけません。あなたの実際の言動が、ゲーム世界に大きく影響するのです。あなた自身が物語の登場人物なのですから……

その没入感、経験してみたいと思いませんか?

■協力

体験型LARP普及団体CLOSS

ゆるLARP